top of page

【2024年度版】ガレージハウスライフを楽しむコツと適している人とは?メリット7選

ガレージハウスに住むことを考える人々は、自由なライフスタイルを求めることが多いです。以下に、ガレージハウスに適したライフスタイルの人物像と、そのメリットとデメリットを挙げてみます。



-ガレージハウスに適した人は?-

ガレージハウスはガレージ、倉庫、住居、事務所など色んな用途で使えるオールマイティーな物件でありますが、数は通常の戸建てやマンションに比べて少なく、希少な存在です。そんなガレージハウスに住むのに適しているライフスタイルをお持ちの方を紹介いたします。


  1. アウトドア愛好家:自然とのつながりを重視し、アウトドア活動を楽しむ人々。道具が多く、大阪や東京にお住まいの愛好家は家に道具が収まりきらずに、倉庫など別の場所に保管する場合がある。

  2. DIYマスター:自分で手を動かして家をメンテナンスしたり、改装したりすることを好む人々。作業をしたい時にすぐ出来るように道具の保管以外にも作業スペースが必要であり、ガレージハウスのスペースを有効に活用が可能

  3. シンプルライフ志向者:ミニマリストで、必要最低限のもので暮らしたいと考える人々。シンプルではあるが、こだわりが強いためこれと決めた事は継続的に実行する。

  4. 自己表現を重視する人々:自分の個性を反映した独自の空間を作りたいと考える人々。ガレージハウスに最も適しているのが自己表現です。大阪や京都の都会でも、他と違う空間と時間を手に入れられる。

  5. クリエイティブな職業の人々:アーティストやクリエイターなど、創造的な仕事をする人々。仕事が不規則な分、プライベートの時間はしっかりと趣味や自分に投資したい為、手元に道具やスペースを確保できるガレージハウスはおすすめ。

  6. 持続可能性に配慮する人々:エコフレンドリーな生活を重視し、環境への負荷を少なくしたいと考える人々。倉庫・事務所・住居の要素を1つにまとめているため、環境にも優しく、お財布にも優しい。

  7. フリーランサーまたはリモートワーカー:自宅で仕事をすることが多い人々。場所にこだわる事なく仕事が可能な人は、自分の趣味に囲まれながら時間を有効に活用できます。


-ガレージハウスのメリット7選-

  1. 柔軟性と自由度:スペースが広く、ガレージと住居が分かれていることもあり、自分の好きなように空間を使えるのが特徴。

  2. 住宅費の節約:建物の大きさは住居とガレージが合わさっているにも関わらず、比較的コンパクトなので、賃貸費用やランニングコストが低い場合がある。

  3. ユニークなデザイン:通常の住宅よりも斬新で個性的なデザインが多く、大阪や京都ではモダンなイメージのガレージハウスが多い。ガレージ部分は照明などが趣味の車やバイクを照らし、憧れのショールームの様な演出ができる場合も。

  4. 車や趣味のスペース:車や趣味のスペースとして使えるガレージがあり、広いスペースであるため、色んな用途として利用できる。自分のライフスタイルに合わせて変化させる事も可能なので、年齢など関係なくおすすめできる。

  5. DIYプロジェクトの可能性:ガレージ部分には工具を備えるパネルなど付いていることも多く、自分の好きなように配置変更など可能な場合がある。DIYにて製作した棚などを設置し、プチリノベーションを体験できる可能性も。

  6. コミュニティの一員:ガレージハウスは希少価値が高い物件であり、コミュニティの場になりやすくなっております。大阪や京都のガレージハウスでは物件前のスペースでバーベキューなどを開催し、同じ趣味の仲間で楽しんでいらっしゃる姿をよく見かけます。また、ガレージハウスを借りている近隣とのつながりも持つことができ、同じ趣味を持っている仲間である可能性も高いです。

  7. 環境への影響の軽減:ガレージハウスはさまざまな要素を1つにまとめたスペースで暮らすことになります。その分、省スペースでの暮らしになる為、エネルギーや資源の使用を最適化しやすいエコな暮らしが実現可能です。


-ガレージハウスでの悩み-

  1. スペースの制約:ガレージと住居が分かれている分、住所スペースが通常よりも少し狭かったりする場合もあります。その為、広いスペースを必要とする家具や荷物を置くのが難しい場合も。その場合は、ガレージスペースを有効活用して解決していきましょう。

  2. 近隣への配慮:通常の住宅と比べて、作業が家の中でできてしまうため、夜中までしてしまうことも。シャッター付きのガレージハウスも多い為、作業に没頭してしまう性格の方は、シャッター付きのガレージハウスや戸建てのガレージハウスを選びましょう。

  3. 法規制の制約:地域や都市によっては、ガレージハウスの建設や利用に関する規制が厳しい場合があります。賃貸であれば、規制を確認するのではなく住むエリアや通勤距離にさえ気をつければ問題ございません。


-まとめ-

これらの要因を考慮した上で、自分のライフスタイルやニーズに合った住居選びを検討することが重要です。仕事やプライベートの時間をどのように分けて暮らしていきたいのかを考え、実現するには住居・ガレージ・倉庫・事務所など必要な要素が出てくると思います。その要素を費用に落とし込んだ時に充実した生活が送れるのかを考えてみてください。そんな中に、ガレージハウスという選択肢があれば、是非取扱い実績が多くあるアリア株式会社にお問い合わせください。大阪・京都のガレージハウスを多数取り扱っております。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page