top of page
  • SAKAMOTO

【2024年度版】賃貸住宅でも出来る快適生活のポイント



賃貸住宅には設備や契約による制約がうまれることが多々あります。そんな中でも、賃貸住宅を選ぶ際に快適に生活できるポイントがありますのでご紹介をさせていただきます。


【ポイント①:電気】

電気については電力自由化の法改定がなされた事で、契約する電力会社を選ぶことが可能となっております。もちろん大手電気会社も選択が可能ですが、料金が高い場合がほとんどです。これは携帯電話の料金体系とよく似ており、使用している料金に広告宣伝費や設備維持費が含まれており、電気の利用以外にも費用が発生しています。

大手電力会社以外の電力会社は独自の発電施設等を持っているところもありますが、多くは大手電力会社の設備などを借り、広告宣伝費を抑えながら、提携会社などを増やして利用者を増やす方法などで、会社を効率的に経営することで品質は大手電力の同じまま、お客様へ安価な料金で電気を届けていらっしゃいます。

特にアリア株式会社が提供しているオール電化賃貸などになると電気代の節約は必須となってきます。

もちろん、アリア株式会社でも信頼おける電気会社様をご紹介させれいただくことは可能で、お客様のメリットになるご提案をさせていただいております。



【ポイント②:ガス】

ガスについては大きく「都市ガス」と「プロパンガス」の2つがあります。ガスを使いさいに物件がどちらに対応しているのかを確認しなくてはいけませんが、一般的にプロパンガスの方が料金が高いと言われております。プロパンガスはガスが入ったボンベをガス会社が運んで入れ替えを実施しているため、その輸送代や人件費が上乗せされている事が要因としてあります。

そんなプロパンガスの最大のメリットは災害時に強いことにあります。都市ガスの場合、災害時に近隣のガス管が損傷した場合など、ガスの供給が止まってしまいますが、プロパンガスはボンベより直接物件にガスを送り込んでいるため、ガスがなくなるまで使用が可能となります。災害時は電気やガスなど止まることが予想されますが、ガスだけでも利用できればお湯を沸かし非常食などを作ることが可能となります。

都市ガスのメリットは料金が安い事と、CO2排出量が少ないことがあがられるため、環境に優しいと言えます。


【ポイント③:オール電化設備】

オール電化設備に関しては最近の賃貸物件でも多く取り扱われるようになってきました。お風呂やコンロ等も電気で賄う事ができるのが特徴でありです。

メリットとしては、火事が起こらないや電気料金にオール電化パックなどのお得な料金設定がされているところではないでしょうか。デメリットは停電時に全ての機器が使えなくなってしまいます。災害時や近くに雷が落ちた際に不便を感じる可能性はあります。


【まとめ】

賃貸物件を探す際にはどんな設備が付いているのか?どんな条件で契約するのかなど不動産仲介会社へ質問をしてみてください。間取りや家賃も重要ですが、設備や使用されている電気・ガスも重要な要素となります。

アリア株式会社では、ご希望の間取りやエリア以外にも暮らしにまつわるアドバイスをさせていただき、本当にお客様がその物件で望んだライフスタイルを実現できるかを一緒に考えさせていただきます。例えば、プロパンガスの様に少し値段が高くなったとしてもインターネット回線がWi-Fiのレンタル機器が無料で使用できる物件などもあり、都市ガスでインターネット回線費用などを支払うことを考えるとトータルで安く済む場合もあります。

この様な今までの経験をもとにベテランスタッフが対応いたしますので、安心してお問い合わせください。

閲覧数:60回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page