top of page
  • SAKAMOTO

高品質な賃貸物件を安く借りれる3つのポイント



賃貸物件を借りる際に、築年数や内容、周辺の環境ばかりに気を取られたりしていませんでしょうか?実際、賃貸物件を紹介する不動産仲介業者がお客様とお話しする多くの時間を住んでからのイメージを持っていただく内容が多いと思います。

実は賃貸物件でも、戸建て同様に建物自体の品質には構造などが大きく関わりがあります。つまり、物件によって建物自体の品質がバラバラというわけです。

今回は、そんな賃貸別件でも高品質な建物を安く借りれるポイントを3つご紹介いたします。

 


ポイント①:物件の構造

ポイントの1つ目は物件自体の構造にあります。

大きく分けて建物の構造は木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート(RC)造・鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)造があり、それぞれの特徴が家賃に関わってまいります。

 

【木造の特徴】

断熱性や吸湿性に優れているため乾燥や結露に強い特性を持っており、施工費用も安く済むため、家賃・共益費が安い傾向があるが、防音性はやや低いと傾向にあります。

【鉄骨造】

強度が高く、耐震性も強いですが、湿度の調整などが難しく結露などが発生しやすい傾向にあります。

【鉄筋コンクリート(RC)造)】

遮音・防音性が高く、耐火性も高く耐震性も強いですが、構造が強固につくられているために家賃が高くなる傾向がある。

鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)造】

RC造よりもさらに耐火性・耐震性に優れており、柱も小さい為デザイン性が優れている物件が多くあるが、構造が強固であり、デザイン性も高いため最も家賃が高い傾向にある。

 

上記の様な物件の構造を知ることで、自分に合った物件選びが可能となります。また、木造などの弱点においても、角部屋を選ぶ事などで無くすことができ安価で品質が良い物件に住む事が可能となります。




ポイント②:築浅物件を狙う

高品質な物件を選ぶには築年数も重要な条件となります。

先ほど述べた各構造の弱点を克服している物件も多くあり、木造でありなあらデザイン性に優れ、建物自体の部屋数を少なくすることで角部屋を多くとり、防音対策もできているという物件もあります。大手ハウスメーカーなどがリリースしている新しい物件は構造自体の弱点は補くても、建物の形などでカバーしている事もあるので、不動産仲介業者へ物件を紹介された際に聞いてみるのもいいでしょう。

ポイント③:自身のこだわりを反映する

最後のポイントは、自身のこだわりを持ち「何が重要か」「どんな生活を送りたいか」をしっかり持つ事です。賃貸は引越しは容易ですが、引越しする費用と労力は大きいものがあります。だからこそ、どんなこだわりを持っているかが重要となり、不動産仲介業者はその想いに応えるために物件を探し、紹介いたします。

ポイントの1つ目でお伝えした構造体の中でも、木造は日本でも多く採用されている構造体であり、日々の研究も進んでいるため時代の変化に臨機応変に対応している傾向にあります。アリア株式会社では、そんな木造物件の中でも大手ハウスメーカーにて建築された高品質で家賃価格も抑えられた物件を多くご紹介させていただけます。




最後に

高品質な物件は家賃設定を高くすれば借りることはできます。

しかし、アリア株式会社ではお客様のライフスタイルに合わせ高品質であり安価で住める物件をご用意し、人生を豊かにしていただきたいと考えております。

高品質でありながら安価な物件は多く存在しませんが、大手ハウスメーカーと組ませていただくことで実現が可能となっており、お客様の為に1件1件丁寧にご紹介をさせていただきます。

閲覧数:62回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page