top of page
  • SAKAMOTO

【2024年度】引越し業者はどうやって選ぶの?新生活に向けた最終準備術 3選

物件が探し終われば、後は引越しをするのみですね!後、一歩で新生活の始まりです。

しかし、引越しやライフラインの手配など準備はたくさんあります。

そこで、最終準備すべき3選をお伝えします。



【引越しの最終準備について】

新生活に向けて不動産会社で新しいお住まいを見つけれた後は引越の準備です!引越しの準備は何を最低限しなければいけないでしょうか?

まずは、「引越し業者」の手配です。

その次がライフラインである「ガス」「電気」「インターネット」が続きます。

家具や家電は専門店が街中にありますのでわかりやすいですが、引越し業者やライフライン関係はどの様に手配すればいいかわかりずらいです。では、どの様に手配するといいのでしょうか?

答えは賃貸契約をした不動産会社に提携会社があれば紹介してもらうことです。


【準備1:引越し業者】

引越し業者の選び方は一番難しく、世の中には大企業から中小企業まで多くの引越し業社が存在します。

では、なぜ不動産会社で提携している引越し会社がお得なのか?

それは、「広告宣伝費がかからない」という点にあります。

通常、引越し業者の集客はテレビ、ラジオ、インターネット、チラシなどが中心であり広告宣伝費をつぎ込んで集客をしています。しかし、提携会社の場合はすでに不動産屋と契約があるので広告宣伝費がかかりません。その分、お客様へのサービスや値引きに応じてもらいやすくなっています。

不動産会社は提携先を増やすことで、賃貸業務だけでなく引越しまでのトータルサポートが可能になり、お客様満足を高めれれるメリットがあります。

つまり、不動産会社と引越し業者はお客様に良いサービスが提供できるWINWINの関係が築けているのです。

もちろん、一括見積もりサイト等で探すこともできますが、見積りを依頼するまで電話がしつこく鳴ることも多く、情報量が多すぎて逆に悩んでしまう事もあります。

スムーズに引越しを行う為にも、不動産会社紹介の業者がベストな選択肢になります。




【準備2:ガス・電気の手配】

ガスや電気の手配は大手の会社しかないと思っていらっしゃいませんか?

電気は2016年より電気小売全面自由化がスタート、ガスは2017年よりガス小売自由化がスタートいたしました。

賃貸物件により、オール電化の物件もありますが基本的には電気もガスも1社にまとめることでパック料金が適用され、お得になる場合が多くあります。大手でもパック料金は準備されていますが、電気やガスは小売全面自由化でさまざまな会社が取り扱っていますので比較検討をオススメいたします。

ガスや電気についてわからないことがあれば、契約した不動産会社に聞くと手配方法など答えてくれるので、うまく不動産会社を利用しましょう。

もしかすると、不動産会社で提携している電気・ガス会社があるかもしれません。

アリア株式会社でもご紹介可能となっておりますので、お気軽にスタッフへお尋ねください。




【準備3:インターネットの手配】

今やインターネットは手放せないものになり、ライフラインと言っても過言ではありません。そんな、インターネット回線も気軽に申し込んで開通できる時代になっていますが、自分に合った回線を選ぶことができていますでしょうか?

利用用途によって、選ぶべき回線は変わってきます。

例えば、オンラインゲームや動画配信サービスを利用し仕事などでオンラインミーティングなどをする場合は、高速回線を利用しなければストレスになります。

反対に、サイトの閲覧とSNSだけの利用などであればポケットWiFiなどでも対応できる可能性があります。

自分の用途に合った回線の契約を行いましょう。

アリア株式会社でも提携の業者を紹介させていただくことは可能となっており、家電量販店などに足を運ばなくても手配をサポートさせていただきます。

また近年、インターネット使用料金が無料の物件も多く、その様な物件あればお得ですね。

たとえ、ちょっと家賃が予算オーバーしていたり、ガスがプロパンガスだったとしてもインターネット使用量はひと月平均3,000円〜5,000円しますので、結果としてお得に住むことができる可能性もあります。




【最後に】

引越す前に実施すべき最終準備3選はいかがだったでしょうか?

ここに記載した以外にも、家電選びや家具選びなど引越しまでにワクワクする準備が多くあります。

しかし、引越した当日に、電気ガスが使えないやインターネットが使えなく仕事ができないなどトラブルになる前にしっかりチェックしてください。


閲覧数:67回0件のコメント

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page