top of page

【2022年度版】EC初心者が行うべき、ECサイトにおけるSEO対策の秘訣とは?ーGoogleのアナウンスを見逃さない方法ー



ECサイトを新規で立ち上げた方達はGoogleで検索をしても、自分のショップや商品が検索に上がってこない事が不思議に感じていらっしゃるのではないでしょうか?

ECサイトを立ち上げても、検索エンジンに上がってこないのはよくある現象です。

検索エンジンを理解し、検索にヒットさせるマーケティング方法を「SEO(Search Engine Optimization)」と呼びます。

※日本語にすると「検索エンジン最適化」

検索エンジンを理解し、戦略的にショップ運営を行わなければ中々検索にはヒットせず、集客ができません。

ここではEC初心者がまず行うべき、SEO対策をお教えいたします。





ーGoogle検索・SEO対策の根本的考え方とは?ー

Googleは世界最大の検索エンジンであり、インターネットが欠かせない今の世の中では必要不可欠な存在となってきております。

Google検索のロジックは公開されず、年に数回アルゴリズムのアップデート(変更)が行われ、世界の検索順位に入れ替わりが発生いたします。

つまり、今まで上位表示されていたサイトがいつの間にか下位に沈むと言うことがあり得るのです。

ここで、重要なのが「Googleのポリシーや考え方」を理解しておく事です。

Googleは「Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。」という理念を持っています。

この、理念に沿ってアルゴリズムの変化が行われるため、理念に沿ったサイト構築をすることが最も根幹の対策になると言えます。


ーEC初心者は何を注意すべきなのか?ー

Google検索のロジックは公開されていないとはいえ、下記の要素が検索順位に影響すると言われております。

・検索意図に応えているか

高評価を受けるためにはユーザーの検索した意図と合致した内容がコンテンツ内に含まれている必要があります。

例えば、「賃貸マンション 大阪」で検索しているユーザーに対して分譲マンションの情報提供しても、そのユーザーが賃貸で部屋を探しているユーザーなので検索意図は満たせていないでしょう。

・信頼できる情報か

情報の信憑性についても重要です。

ユーザーの検索意図を満たした情報であってもそれがフェイク情報であればユーザーの検索意図の目的を果たせたとは言えません。 また、フェイクニュースと言えないまでも、元の情報が不確かな情報に書かれたコンテンツが制作されている場合も、ユーザーが目的を果たせているとは言い難いです。 信頼できる情報をユーザーに提供するためにも、公的機関や有識者が執筆か監修に関わり、コンテンツに客観的な根拠となる出典が盛り込まれていると信憑性は上がります。

・新しい情報か

昨今、情報は日々更新されます。例えば不動産情報だと契約によって情報が常にアップデートされ変化します。政治・経済などの社会情勢もあらゆるトピックは更新されていきます。 そのためユーザーが新しい情報を常に受け取れるように、既存のページについて最新情報をもとに更新したり、別に最新情報のページを作成したりすることがEC運営者には求められます。




ーEC初心者は何から始めるべきなのか?ー

では、EC初心者は何から始めるべきなのでしょうか?

まずは、ユーザー向けの情報をしっかり書いていくことです。

ECショップであれば、プライバシーポリシーやQ&Aを充実させ会社概要などもしっかり書くことをおすすめいたします。

また、ユーザーが求める情報をブログやコラムといった形でサイト内に貯めていくことが重要だと言えます。

ブログやコラムには自社の商品の事だけでなく、それにまつわる情報を書いていきましょう。

例えば、アリア株式会社のECサイトは「引越したその日からおしゃれで快適な生活を」をコンセプトに商品を販売しています。その商品の使いやすさやスペックを商品ページに記載する事は絶対条件でありますが、「引越しに必要な道具」や「引越しの際に気をつけるべき点」などをユーザー向けにブログを書くことで、Googleは引越しにまつわる優良なサイトとして認識し、順位を引き上げてくれる可能性が高まります。


ー最後にー

検索順位を上げようという意識で運営してもなかなか思うようにいかない様に情報は複雑化してきています。

Googleの理念を理解し、ユーザー向けに正しい情報を届けることが検索順位を上げる1番の近道です。

Googleの理念に沿った変更など、あらゆる情報をGoogleもブログやSNSを活用し、提供してくれています。

ここを、チェックしながら良いサイト構築を目指していきましょう。



閲覧数:27回0件のコメント

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page